「麺類」カテゴリーアーカイブ

台湾らーめん おか田 杉栄町、名古屋市北区にある早い、美味い、ボリューム満点で安いラーメン屋

店名:台湾らーめん おか田 杉栄町
住所:愛知県名古屋市北区杉栄町5-115
電話:052-991-5028

名古屋市にはたくさんのラーメン屋があります。
おか田は、その中でも自分が一番好きな店です。

ラーメン以外にも唐揚げ、チャーハンなどもおいしくてボリュームがあり値段もお手頃です。
一人でもカウンター席が10席以上あり、家族や友人の複数名でもテーブル席があり、誰でも気軽に行けます。

ただ地元ではかなりの人気店なので時間帯によっては混んでいますが、店の外まで並ぶということはありませんので安心してください。
でも早めに行ったほうがすぐ席に案内してもらえます。

おか田おすすめは台湾ラーメンです。
名古屋のご当地ラーメンです。
とにかく辛い、熱いでもおいしい、ニンニクと鷹の爪がたくさん入ってボリューム満点一度食べたら病みつきです。

スープまでも飲み干してしまうくらいです。
いろんなラーメンありますが迷ったらとりあえず頼んでみてください。間違いないです。

おか田のご飯ものではニンニクチャーハンがおすすめです。
ラーメン屋ならではのチャーハンのおいしさ。
ニンニクが入って食欲もそそります。

ご飯のお供には唐揚げも頼んでみてください。
とにかく大きいし一人前でも2人分あるくらいの量です。
家族だったら唐揚げ大を頼めば十分です。

おか田は、とにかくおいしいのは当たり前で、量も満足、値段も手ごろ。
そして何よりオーダー通してからの料理が来るまでが早い。
とにかく待ちが少ないです。

従業員のからも多いので余裕をもって接客してもらえますし丁寧です。
とにかく間違いがないラーメン屋です。

手打うどん 味乃屋、半田市にある優しい味わいのうどん店

「手打うどん 味乃屋」は、愛知県半田市の乙川地区にあるうどん屋さんです。
ショッピングセンター「パワードーム半田」の裏手にあります。

味乃屋は、その名のとおり、うどんをメインに取り扱ったお店で、外観・内装ともに「昔ながらの地元の飲食店」といった雰囲気があり、老若男女問わず入店しやすいのが特徴です。
中にはテーブル席・カウンター席・座敷があり、常連さんはもちろん、小さなお子さんがいる家族連れもよく入店しています。

味乃屋の接客については程よくフレンドリーで、店員さんも愛想が良くて暖かみがあり、そこが地元で愛される理由のひとつになっているように感じられました。

味乃屋オススメのメニューは「しっぽくうどん」で、鶏肉とネギ、油揚げに、人参や里芋といった野菜が入った優しいお味のうどんです。

見た目にもごろっと具材がたくさん入っているのがよく分かり、食欲をそそられます。
くどさが全くなく、ダシの効いた深くて優しい味なので、食欲がない時でもスルスル食べられてしまいます。

かなり満足度が高い料理なのに、税抜で700円以下というお値段も嬉しいポイントです。
多くの料理を1,000円以下で楽しめる、胃にも懐にも優しい、ホッコリできるお店です。

店名:手打うどん 味乃屋
住所:愛知県半田市乙川新町1-9
電話:0569-21-6038

山本屋本店 名古屋インター南店の味噌煮込みうどんは病みつきになる美味しさ

名古屋名物の味噌煮込みうどんを食べに行きました。

味噌煮込みうどんと言えば山本屋本店ですが、いくつかの店舗がある中で、駐車場完備の名古屋インター南店を訪れました。
高速道路のインターに近いので、他県から車で移動して来た時は便利です。

山本屋本店は昔ながらの純和風な店構えが良い雰囲気を出していて、店内に入ると一昔前にタイムスリップして来たような感覚に陥ります。
味噌煮込みうどん専門店なのでメニューは少なめですが、山本屋本店に来る方は味噌煮込みうどんを食べに来るはずなので、充分かと思います。

オーソドックスな味噌煮込みうどん1230円を注文する事にしました。
注文をとりに来た山本屋本店の店員さんはベテランという感じでしたが、親切でとても感じが良かったです。

熱々の小さな土鍋でグツグツ言いながら運ばれて来た味噌煮込みうどん。
土鍋の蓋を取ると、まだまだ煮えたぎっています。

紙のエプロンが頂けるのですが、それでも白っぽい服を着ているとシミがつくので要注意です。
熱々のうどんを食べてみると、うどんが硬くてかなりの歯応えでした。

ツルツル食べるというより、モグモグ噛んで食べる感じのうどんで、不思議な食感です。
それがまた濃い赤味噌の汁に抜群に合っていて、どんどん食が進みます。

これは、かなり病みつきになるうどんです。
しばらく経つとまた無性に食べたくなってしまうのです。

店名:山本屋本店 名古屋インター南店
住所:愛知県名古屋市名東区極楽3−6
電話:052-704-1906

ラーメン並木、出張先の山口県周南市でたまたま入った最高のラーメン店

店名:ラーメン並木 本店
住所:山口県周南市清水2丁目6−12
電話:0834-34-0888

初めて出張で山口県を訪れました。
私は各地のラーメンを食べるのが好きで、山口県で最初の食事はラーメンにすると決めていました。

何も調べずに直感で入ったラーメン屋、それがラーメン並木でした。
ラーメン並木は店構えが美味しいラーメンを出している感じだったから選びました。

中に入ると、強面のラーメン並木の店主が。
第一印象はそうだったのですが、笑顔が可愛くてけっこうおちゃめ。

youtubeチャンネルも持っているようです。
こういう人が作るラーメンって美味しいことが多い。

さっそくラーメンを注文することに。
私はあっさり系のラーメンが食べたかったので、塩ラーメンを注文しました。

運ばれてきた塩ラーメンを見ると、スープが透き通っていて美味しそう。
塩ラーメンって加減を間違えるとスープが濁ったりするみたいですが、ラーメン並木の塩ラーメンはとても綺麗です。

そのスープを飲んでみると、あっさりしていてうまい。
少し魚介系の味がして、ずっと飲んでいたいぐらいうまい。

麺は細麺なんですが、あっさりしているのでこのぐらいの太さがちょうどいい。
トッピングのチャーシューもあっさりしていますし、ネギも良いアクセントになっている。

この塩ラーメンは一番人気らしいですが、その理由も分かります。
塩ラーメンってあまり食べないんですが、ラーメン並木のはめちゃくちゃ美味しいです。

また山口県に来ることがあれば、ラーメン並木を選びたいと思います。

名古屋市東区、銀のくら本店の一番人気は辛みそにんにくバターラーメン!

店名:銀のくら本店
住所:愛知県名古屋市東区泉1-6-20 ライフビル
電話:052-971-0084

銀のくら本店は、地下鉄桜通線「高岳駅」1番出口より、国道41号沿いに北へ徒歩5分のところにあり、車でも近くにコインパーキングがあるのでアクセスしやすいです。
幹線道路沿いなので、すぐに目に付きます

引き戸を開けると、厨房をかこむ形でカウンターがあり、ほぼ男性客で満席でした。
ちなみに満席の場合、並ぶのは店の外なのでこの時期はちょっとしんどいです・・・
銀のくら本店は男性が多いので、回転率が高いと思います。

銀のくら本店イチオシは「辛みそにんにくバターラーメン」です。
濃厚な辛いスープに別添えでにんにくがついてきてお好みのにんにくの量を調整できます。

またバターが入ってるので、とてもまろやかになりみそとバターが非常に合います。
麺は縮れ麺でスープによく絡みます。

銀のくら本店fr二番目に好きなのが「黒こしょうバターラーメン」です。
あっさりしたスープなのでさらさらっと食べられます。バターが入ってるのでコクがあります。

支払方法も以前は現金のみでしたが、今はpaypay支払ができるようになりました。
値段が少し上がってしまって高くなったのが残念ですが、やみつきになります。

食べたのにまたすぐ食べたくなってしまうラーメンで、銀のくら本店は私の中のトップ3に入ります。

古謝そば屋、沖縄・宮古島で一番人気の宮古そば店

古謝そば屋は、宮古島で一番人気がある宮古そば店だと聞き、行ってみました。
なんでも80年以上前からやっているお店らしく、伝統的な宮古そばを食べることができるということでした。

古謝そば屋のお店は白壁に赤瓦という、沖縄の伝統的な民家スタイル。
入り口が小さいので「店内もこじんまりしているのかな?」と思いきや、中に入るとかなり広い空間が広がっていました。
木をベースにしたインテリアで、沖縄ならではホッとできるような雰囲気でした。

古謝そば屋おすすめは、もちろん「宮古そば」です。
ほかにも「ソーキそば」、「てびちそば」などがあったので家族で一通り頼んでみましたが、一番美味しかったのは「宮古そば」でした。
とにかく出汁が美味しくて、観光で疲れた身体を癒してくれるような味わいでした。

宮古そば単品は600円ほどでしたが、宮古そばに日替わりのおかずやコーヒーなどがセットになったものが800円くらいだったので、セットメニューの方がコスパが良いと思います。
古謝そば屋スタッフさんもとても親切で、感じが良かったですよ。
駐車場も広いので、おすすめです。

店名:古謝そば屋 (こじゃそばや)
住所:〒906-0013 沖縄県宮古島市平良下里1517-1
電話:0980-72-8304

盛岡市、南部家敷 元宮店の天ぷらそばとチョコレートパフェが相当美味しい

岩手県北上市が南部家敷の総本店で、岩手県内と宮城県、山形県と千葉県にも南部家敷があります。
私が通っている南部家敷の詳細です。

店名:南部家敷 元宮店
住所:岩手県盛岡市西見前15地割130
電話:019-613-6421

南部家敷は、そば・天ぷら・うなぎのレストランです。地元では「そば、天ぷら、うなぎの南部家敷~」という歌のCMが流れていたこともありました。
なかでもオススメの料理は、寿司そばセットのC天ぷらそば1,160円です。

南部家敷はどれも当たりのメニューばかりで、幅広くいろいろなものを食べてきましたが、C天ぷらそばに最近では落ち着いています。
温かいおそば、冷たいおそばももちろんあり、丼ものから御膳、定食、サラダ、デザート、おつまみ一品まであります。

南部家敷のデザートでオススメなのは、チョコレートパフェです。

C天ぷらそばは、鉄火巻とねぎとろ巻とあたたかいそばにはトッピングにほうれん草と大きな海老天ぷらと紅葉型の麩のようなものがのっています。
Cの天ぷらそばの美味しさは、そばとお寿司両方のすべてです。

出汁には、本場・高知土佐清水のかつお亀節を使っているということだけあり、全身に染み渡る深い味わいのある濃いスープが決め手の美味しさです。
私はいつもスープを飲み干しています。

そばも毎日、店舗ごとに打っていて、注文から煮上げ、水にもこだわりがあるというだけあって、細い麺でありながらもコシがあり、だけど柔らかいという奇跡の味のおそばです。

噛んでいるだけで幸せになれるこのそばに、深みがありながらもさっぱりとした飲みやすいスープがよく絡まり、飽きのこないおそばになっています。

チョコレートパフェは490円なのに、かなり大きくてボリューム満点です。
量が大満足なだけでなく、クリームとチョコも絶妙な配置で、舌に両方が程よく絡み合い、生きててよかったと思えるパフェになっています。

昔懐かしいチョコレートパフェというと伝わりやすいかもしれませんね。
クリーム部分は程々の硬さが最初に舌にきて、そのあと一気に柔らかくなり、これまた絶妙で程よい甘さのチョコレートがクリームとともにやってくる感じです。

接客は、サービスのお茶がなくなるとすぐにやってきてくれて、風情のある大きな急須でお茶を丁寧に注いでくれます。
南部家敷という和風の雰囲気に合っている親切丁寧な接客で、落ち着いてお蕎麦とお寿司を楽しむことができます。