雲母(きらら)、堺市中区にある自家製粉の手打ち蕎麦屋  

雲母(きらら)は、2018年7月10日に出来たばかりの新しいお店です。
国内13都道府県から仕入れられたお蕎麦で作られた、自家製粉の手打ち蕎麦のお店になっています。

雲母(きらら)の店主の方は、大阪市内で10年間修業されてきたらしいです。
お店作りへのこだわりは、雲母(きらら)の内装にも表れています。

色とりどりのガラスや堺市の象徴でもある古墳をかたどった壁面アート、面白い形をした木のテーブルなど、店主が憧れていた木工アーティストのトヨヤンさんにお願いして4ヶ月かけて作られたそうです。

雲母(きらら)でお蕎麦をいただいた際、お蕎麦が木の四角いプレートにのせられて出てきたので驚きました。

味もとても美味しく、お腹がいっぱいになるけどまだまだ食べたくなるような満足感が得られました。
お野菜の天ぷらも、衣が軽くサクサクとしていて、一つ一つがとても美味しかったです。
トマトの天ぷらは食べたことがなかったので感動しました。

雲母(きらら)は、堺市の住宅街の中にあり、お店のすぐ側は畑が広がっていてとても穏やかな場所にあります。
車で来た場合は、駐車場からお店まで数メートル歩きます。

お店の看板が、一見見過ごしそうなくらい可愛らしい木のプレートに書かれてあるので、そこもまた隠れ家感満載です。

店名:自家製粉 手打ち蕎麦屋 雲母(きらら)
住所:599-8245 大阪府堺市中区辻之1038-2
電話:072-370-6359