美食の町、両国で美味しいお蕎麦を!「文殊本店」。

首都圏の駅周辺で多く見かける立ち食い蕎麦のお店。
江戸っ子が愛したファストフードのひとつとして、今なお広く愛されているのを実感しますね。

しかし蕎麦つゆのお味やてんぷらメニューがどこか画一的で、どこで食べても同じでは・・・とお考えのあなたにこそお勧めしたいのが、両国の路地裏にどっしりと構える文殊本店です。
力士の町だけあって美味しいご飯やさんがひしめいているグルメ激戦区両国で、長年営業しているこちらの文殊の味の決め手となるのが、蕎麦つゆの香り高い美味しさです。
配膳されると漂ってくる枯れ節の奥行きのある薫りはもちろん、口に含んだ時に広がる甘ったるくないすっきりとしたお醤油の風味も抜群です。

ゆえにこの二つの要素が合わさったことで楽しめる蕎麦つゆは無二のものであります。
そこへ入るお蕎麦の麺は、細め且つやわらかめ。すこしぼそっとした食感が、お蕎麦らしくてまた良いのです。

また文殊のメニューについては、これまた良い香りのする岩のりがどんと乗った岩のり蕎麦やボリュームたっぷりでからりと揚げられた春菊天蕎麦やかき揚げ蕎麦などが並んでいます。
店員さんは基本男性お二人。穏やかに接客して下さる中年~年配の方々なので、いつ訪れてもホッとできますよ。

朝蕎麦としてぜいたくに頂くもよし、またお酒の後の〆にさっぱり頂くもよしな文殊本店のおいしいお蕎麦のご紹介でした。

店名:文殊 両国本店
住所:東京都 墨田区 両国 4-34-1 渡引ビル 1F
電話:03-5624-6040